『まちカドまぞく』
『ネコじまにゃんだフル』
『恋する小惑星』

 以上、3作品の感想です。



まちカドまぞく / 伊藤いづも

 今回も情報がいっぱい。まず桜さんとシャミ子のこと! 10年前のシャミ子は話に聞いていたより余程重体だったみたいで、桜さんのコアで命を支えていると…。つまり桜さんはシャミ子の中にいて、それで、シャミ子が自分の中に潜り込んだのに呼応して出てこられたのね。

 シャミ子としては、せっかく見つけた桜さんを桃のもとに連れて帰りたい。でも今のシャミ子はまだ、桜さんのコアによって支えられている状態だから、それはできない。桜さんを元に戻すには、シャミ子がもっと強いまぞくになればいい。なんか、ぐるっと一周して同じ場所に帰ってきたような。また桃と一緒に修行……ってことになるのかな。

 桃が闇堕ちしてまでシャミ子を助けに来た! これは嬉しい。何よりもまず嬉しい。桃がそこまでしてシャミ子を助けようとしてくれることが。いやー嬉しいなぁ。ダークネスピーチ、いいなぁ。前にシャミ子のほうから桃を眷属にしようと迫ったことがあった。そのときは、あと一歩のところで桃は眷属にならなかった。ところが今は違って、桃が自分からシャミ子の眷属になった。それがとても素敵。だからといってシャミ子と桃の関係はとくに変わりなさそうだけど、見えないところで確実に変化が起きている。続きが楽しみですね。


ネコじまにゃんだフル / 御北きぬ

 クロが寧々子に懐くようになった! あんなことがあったとはいえ、びっくりするくらい変わりましたね。寧々子に甘えるクロがめっちゃかわいい。ほおすりすりしても怒らないばかりか、自分から絵本読んでーと膝に座らせてもらったり…そ、そこまで!?

 寧々子とクロが仲良くしはじめると、今度はシロのほうに影響が。シロもかわいい。クロが寧々子に絵本を読んでもらっている間、そっと後ろに陣取って寧々子のそばから動かないシロが良かった。しっぽパタパタして、可愛かったなぁ。


恋する小惑星 / Quro

 地学部そろって放課後に温泉へ。メンツがメンツだけにただの温泉回になるわけがなく、深さ100mごとに3℃上がるとか、塩化物泉とか、酸性泉とか、いろいろな知識がぽんぽん飛び出してくる…面白い! それでいて4コマ目のオチは食べ物でつながったりして、専門的なことに偏りすぎず気楽に読める。このバランスや良し。おかげで読んでてとても楽しい。

 真理さん、左の目元にほくろがあるのがチャームポイントだなぁなどと思っていたら、どうやら右のおっぱいにもほくろがあることが判明。そしておっぱいがでかい! お風呂が好きと言うだけあって、温泉でも一番にはしゃいでて、今回の先輩可愛かったです。

***

 以上、まんがタイムきららキャラット2017年8月号の感想でした。

 ちょっと時間が足りないので、今回は少な目の簡易感想で。といっても作品数減らしただけで、個々の文章量はあまり変わってないけど。もうちょっと感想書くタイミングを前倒ししたい。アンケの〆切に合わせて書くみたいになっちゃってるから…。




にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村