『どうして私が美術科に!?』
『きんいろモザイク』
『彼女がお兄ちゃんになったらしたい10のこと』
『はんどすたんど!』
『すーぱーてんぷる!』
『のけもの少女同盟』
『ななかさんの印税生活入門』
『ゴスロリJK無人島漂流記』
『みゅ~こん!』

以上、9作品の感想です。


**今月の表紙**

 Koi『ご注文はうさぎですか?』より、千夜&メグ。これすっごく良い! 間違いなく今年一番、もしかしたら過去最高かもしれない、というくらいの可愛さ。Koi先生の画力の高さを感じさせるバランスの取れた構図と素敵な色遣い、可愛らしいお揃いの衣装、素肌とおへそ…! 目に訴えてくるパワーがすごい。数秒、数分、あるいは数時間でも平気で眺めていられそうな芸術的なセンスのかたまり。これがMAXの誇るKoi先生の、今現在の持てる力の結集……見事としか言いようがない。

 それから装丁ということでいえば、作品紹介がフキダシの中に入っているのが面白い。それら作品紹介の文字や、まんがタイムきららMAXのロゴなどを含めても、これまでこれほど完璧な表紙があっただろうかと。とても見栄えが良い。私がもし『ご注文はうさぎですか?』やまんがタイムきららMAXのことを知らなくて、たまたま漫画コーナーで平積みされたこの表紙が目に入ったとしたら、思わず手に取っただろう。

 ここまで良いなぁと思える表紙だと、読者プレゼントの表紙イラスト図書カードが欲しくなってくる。とはいえ今月はトリプル最終回作品のサイン色紙もあるし悩む。


**今月のピックアップ**

どうして私が美術科に!? / 相崎うたう

 文化祭、1年7組の「シンデレラ」良かった…!最高だった!! 直前に桃音と黄奈子の間でちょっとしたすれ違いがあって、結果的に二人が仲直りするための劇みたいになったのが素敵。7組オリジナルの「シンデレラ」のストーリーと、桃音&黄奈子の間に生まれたもやもやが上手く重なって、二人とも自然体でシンデレラと王子を演じていた。すいにゃん先輩も粋な計らいをしてくれたなぁ。

 作中では文化祭の出し物としての「シンデレラ」だけど、漫画の読者的にはそもそも桃音が実際に間違って美術科に入ってしまったことから始まる、壮大な物語のラストシーンのようにも見えた。これまで描かれてきたすべてが伏線。桃音と黄奈子が出会って、お友達になって、一緒にいろいろなことをやってきて、あるとき少しすれ違ってしまう。でも本音を交わして仲直りする。そんな素敵なお話。

 桃音の逆プロポーズが良かった! ここで感情的爆発がピークになった。そのあとの「ずっとずっと忘れませんよ♪」ってセリフといい、今回はいろいろな桃音が見られたのも楽しかった。

***

きんいろモザイク / 原悠衣

 「金」「髪」だけで会話するシノと穂乃花ちゃんが怖すぎる…!

 1年生のときは山へ、2年生のときは海へ行ったから、今度は空へ? 何かが間違って宇宙へ行ったりしないかな。でも宇宙へ行ってシノに何かあったら山や海のときとは比べものにならないくらい洒落にならない事態になりそう。カレンがどんなプランを練っているのか気になる。


彼女がお兄ちゃんになったらしたい10のこと / アカコッコ

 つぐみちゃん。シェアハウスのルールで「ママ」役になったからにはと、ママになるために努力する姿が健気で可愛い。今回は家での姿だけじゃなくて小学校での姿も見られて、やっぱり小学生なんだよなと思った。こんな小学生がいるか…! 学校の机の上で「子育てって難しい」と呟く小学生とは……

 この家の中で、つぐみちゃんは自分なりに一生懸命「ママ」になろうとしている。それは笑っちゃ失礼なことだけど、漫画的にはすごく面白い! 小学生らしくない悩み、息子とお風呂に入って対話(やばい)、どうしても「ママ」と呼んでほしいから諦めないつぐみちゃん、強い…。この姿で「ママ」って最初に見たときからこれはやばいめっちゃ好きになると思ったけど、その気持ちが一層強くなった回だった。

 あとアカコッコ先生の描く女の子の身体のラインがとても綺麗だった(変な意味ではない)。


はんどすたんど! / 有馬

 コタツ面白かった。ゆかちが引きずり込まれて、最後にはいちごガール1人だけになって、ひなたの胴体めっちゃ長っ!と思ったりして(笑)

 ななみが作った雪だるまは一体どういうバランスになってるんだろう…。雪がたくさん積もっている光景を見ると、この作品を読み始めた最初の頃の話を思い出す。


すーぱーてんぷる! / oda (ゲスト)

 ゲスト後編!今回も面白かった!

 妖怪とか怪異とかそういうの最近あまり読んでなかった気がする。物の怪がいる寺で、物の怪に対して人間と同じように接する女の子がいて、物の怪のほうもなんだか世知辛い世の中で…。良いなぁこの関係。

 雨女の露ちゃんを怖がらせてしまって、天気が暴走。赤ちゃんをあやすみたいに音で引きつけて、それでおとなしくなる露ちゃんが可愛かった…! 大雑把な三様と違ってきっちりしている園香ちゃんのほうが、ツッコミ役に大忙し!楽しい!もっと読みたい~。


のけもの少女同盟 / 榛名まお

 霞の考えたお話面白かった! おばあちゃんの賞味期限が切れてるところで不覚にも笑ってしまった。こういうのお話を考えられるのってすごいと思う。榛名まお先生のことじゃなくて、霞のことね。見た目ふつうの女の子ととくに変わらない子が、薄ら笑いを浮かべながらふつうの女子高生が思いっきり引きそうな話を考えている……というギャップが良い。詠子なんかまさにそれなんだけど。

 それにしてもこの続き方は!? 唐突なご両親と主治医の会話。盛大なフリをしておいて実は何でもないことだった、というのが王道パターンだけども。


ななかさんの印税生活入門 / kashmir

 いやー面白い。細かいところまで。大きな視点で見ると、ななかがループしてるように見せるために過去のみきちゃんを描きまくるまいちゃんに笑った。小さな視点で見ると、まいちゃんが水たまりで絵を描こうとしてるコマの、昔の人(雪舟だっけ?)の粘度UPとか、170ページ1コマ目で昔に戻って虫取りするおじいちゃんとか。

 ななかが書いている小説を生徒会長が読んでて、ついにそれが本人にも伝わった…! 困ると踊りだすななかが可愛い。☆をもらってアホ毛をくるくるさせているところも可愛かった。次回は勝負……勝負?


ゴスロリJK無人島漂流記 / 青田めい

 ヤギのミルクを分けてもらってシチューを作る…す、すごい!

 今回はちょっとミルクをもらってそこにいろいろな材料を足してシチューを作っただけだけど、ミルクがあればいろいろなものが作れるよね。ヤギのミルクだけど。酪農とか言い始めたときは…なんか文明の始まりを感じる瞬間だった。人間の歴史を垣間見た…

 青田めい先生どうやってこういう話考えてるんだろうなぁと気になったり。かおす先生のアトリエ探訪で青田めい先生のところに行ってくれないかなと思った。


みゅ~こん! / 永山ゆうのん

 今月で最終回!

 乃ノ花が本調子じゃないまま本番の時間が近づいてくる。さすがに隠し通せるようなものじゃなくて、乃ノ花が何かに悩んでいるのは、具体的に何をどう悩んでいるのかまでは分からないまでも、みんなにちゃんと伝わってた。そして演奏前に、サプライズの紹介ソング…! まいまいたちの気づかいと、それで乃ノ花が大切なことを思い出すのが良かったなぁ。

 それだけにとてももったいなく感じるこの最終回。永山ゆうのん先生、絵もとても可愛いし、お話も楽しませてくれる…感動させてくれるすごい力を持ってるから、もっといろいろな可能性があったんじゃないかと。そんなこと言って、結局のところ、もう続きが読めないのが寂しいだけかもしれないけど。

***

 以上、まんがタイムきららMAX2017年10月号の感想でした。

 ミラクに続いてMAXも3作品最終回、予告にはないけど『しょーがくせいのあたまのなか』も次号で最終回だそうで(石見翔子先生のツイッターより)、つらい。最終回の感想を書くのがつらい。どうしても「もったいない」だの「寂しい」だの後悔っぽい感想になってしまってよくない。




にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村