『うらら迷路帖』
『スロウスタート』
『甘えたい日はそばにいて。』
『みゃーこせんせぇ』
『ぽんこつヒーローアイリーン』

 だいたいいつもこの5作品か。どうも今のきららには物足りなさを感じるけど、次号は坂口蜜柑さんが久々の新作ゲストということで楽しみ。


うらら迷路帖 / はりかも

 マツコさんが喋らなくなってしまった! いやむしろ今まで喋ってたほうが不可解だった訳だけど、なるほど、ノノの占力で動いてたのね。自分も小梅や紺と同じような認識だった(汗)

 そしてこれまた小梅と同じ感想だけど、マツコさんに頼っていないへにょへにょのノノも可愛い! でもやっぱりマツコさんがいないと、なんか物足りない。サイダーから炭酸が抜けてしまったような…というと言いすぎかもしれないけど、マツコさんは単なる占いの道具じゃなく、ノノの半身であり、一緒に成長していく仲間だということ。『うらら迷路帖』の面白さの一翼を担う存在なんだってことがよく分かる回だった。

 それに、改めてノノってすごいことしてるんだなと思った。優等生の紺はともかくとして、千矢や小梅は人形占いダメダメだったし、やっぱり一筋縄じゃいかないもんなんだろうなと。でもマツコさんは日常的に動いて喋ってる。占いをするときもしないときも、いつでもノノと一緒。それがすごいなぁ。


スロウスタート / 篤見唯子

 たまちゃんの笑顔が良かった。花名ちゃんを元気づけようとして、花名ちゃんが元気になってくれたときに見せたこの表情。それで再び自己嫌悪に陥ってしまう花名ちゃんは置いとくとして、花名ちゃんが元気になったことで、たまちゃんも笑顔になって、そこに小さな幸せが巡っているような、この笑顔を見てなんだかとても温かい気持ちになった。

kirara1804_01
まんがタイムきらら2018年4月号
篤見唯子『スロウスタート』より

 しかしそこでみんな笑顔になって終わりではなくて、花名ちゃん困ったなー。せっかくたまちゃんが笑わしてくれたのに。そこに、えーこちゃんが優しい言葉をかけて、思わず花名ちゃんは「お母さん…」と呼んでしまって…!? その間違いだけでも面白いんだけど、花名ちゃんには"年下のえーこちゃんをお母さん呼びしてしまった"ことがショックだったみたい。そんなこんなしてるうちに、花名ちゃんの胸にあったみんなに申し訳ない気持ちはどこかへ行ってしまったようで、よかったよかった。


甘えたい日はそばにいて。 / 川井マコト

 やっぱり、あずきにはひなげしさんに勝てるところがない。前回に続いて、現実はつらいなぁということを思い知らされた話だった。あずきに勝てるところがあるとしたら、ひなげしさんよりももっと前から、あずきは楓のことを知っているっていう辺りだろうか。今の楓はほとんどひなげしさんのことしか見てないように見えるけど、3人が隣に並ぶ未来はあるのか…?

 ひなげしさんも、辛そうだなぁと思う。楓はどうしたんだろう。とにかく今はこの3人が、それぞれの想う人のためにどんな行動をするのか、それがどう現実を変えてくれるのか、が気になりどころ。

 今回ひなげしさんがあずきに渡した膨大な資料を見ると、ひなげしさんの中で楓がどれほど大きな存在かがよく分かる。ひなげしさんと楓が似てるなぁってことだけでなく、あずきが受けたショックは思いのほか大きいような気がする。


みゃーこせんせぇ / 阿部かなり

 まさか部活をやろう的な流れになるとは思わなかった…! しかもみゃーこ先生が顧問になる? 軽音も登山もキャンプも既にあるんだよ!と突っ込まれてたの、この学校に既にあるっていう意味もあるんだろうけど、ほかの漫画で既にあるんだよ!って意味にしか聞こえなかった(笑) こういうネタ大好き。

 良いと思う、部活! 阿部かなり先生の漫画でこういう純粋な学園もの読むのって、もしかしなくても初めてでは。アライブの『はいふり』はちょっと特殊なやつだし、きらら前作の『サンタクロース・オフ!』は小学生だったし、キューンの『しすたー・いん・らう!』も部活ものではなかったし…。そう考えると俄然楽しみになってきた。

 左中間バーとか、細かいところに仕込まれたネタに笑わされる。ホームランバー!食べたくなってきた!


ぽんこつヒーローアイリーン / ぼや野

 今回の話についてぼや野先生がツイッターで、シリアスにしようとしてやめたと言ってた。それを見てからいざ読んでみたら……これでも結構シリアスじゃない!? というかこの作品ってどことなくシリアスが見え隠れしているような感じあるよね。私はそういうところ結構好き。

 『甘えたい日はそばにいて。』みたいな作品は、唐突にめっちゃシリアスな回をやっても問題ないというか、むしろそれも含めて面白いんだと思うけど、『ぽんこつヒーローアイリーン』の場合そうはいかないか。1回でいいからぼや野先生の描いた読者が引くくらいのド・シリアス回読んでみたいなぁ。2本立ての2本目、とかならできないかな?