『まちカドまぞく』
『恋する小惑星』
『アニマエール!』
『mono』
『ネコじまにゃんだフル』
『先パイがお呼びです!』

 MAX5月号の感想がまだだけど、こっちを先に。キャラットのほうが感想書く作品が少ないからね。先に終わらしとこうかなと。

 ところでこの(↑)作品リスト、基本的には掲載順と同じで、1作品だけ「今月はこれについて語りたい!」っていう作品を一番上に持ってくることにしてる。先月は『まちカドまぞく』で、2ヶ月続けて同じ作品は選ばないというルールだったんだけど、今月はどうしても『まちカドまぞく』について語りたいんや…!ということで、今月もまちカドまぞくから(前置きが長い)。


まちカドまぞく / 伊藤いづも

 今月は2本立て。新学期! ミカンがシャミ子たちと同じ学校に通うことになるよ! みんな受け入れてくれるかな? というお話。ミカンは自分の体質(呪い)のこと心配してたけど、意外とあっさりと受け入れられて良かった。ミカンどころではない変人がこの学校にはいっぱいいる、ということを改めて実感。「ゾンビ対策マニュアル作成委員会」って何?!

 しかしその体質のせいで、早速事件が起きてしまった。不可抗力だし誰も気にしてない様子だけど、ミカンがすごくつらそうで、見ているこっちもつらかった。みんなミカンの体質のことをちゃんと分かって受け入れてくれてるのが優しいなぁと思うし、それでもやっぱり気にしてしまうミカンもいい子だなぁと思う。こんな優しい世界なのに、こんな気が重くなってくるのがひたすらつらい。あぁ…

 どうやらここから、ミカンの呪いを解決する方向に話が進みそう。シャミ子と桃が一緒にミカンの中に入って、ミカンの中の悪魔と直接話をつける、という。いやーまさかそんな手が。桃とシャミ子が一緒にっていうところが良い。初めての共同作業(違)

 それにしても、クラスメイトみんな可愛いな! ゾンビ対策マニュアル作成委員会の子が可愛かった。なんか知らんけど口元に手を当ててるのが。

carat1805_01carat1805_02
まんがタイムきららキャラット2018年5月号
伊藤いづも『まちカドまぞく』より

恋する小惑星 / Quro

 すずちゃんちのパン屋さんであおとみらがバイトをすることに! いつでも星やら地層やらの話題がついて回ってたから、こういうのなんか新鮮だなーと思ったら、やっぱり今回もねじ込んできた。クロワッサンが宇宙っぽいパンかぁ。クロワッサン見て「月齢7歳くらい」とかそんな反応初めて見た(笑)

 すずちゃんの妹・めぐちゃん。可愛かった。みらたちとは違う格好……でもすごく似合ってる! 今回はすずちゃん姉妹が輝いてて面白かった。めぐちゃん、また何かの機会に出てきてほしいな。すずちゃんプロデュースじゃないけど、磨いたら光りそうやん。


アニマエール! / 卯花つかさ

 こちらも2本立て。珍しくこはねが緊張してひきつった笑顔になってるのが印象的だった。本番前になって、こはねだけじゃなくてみんな緊張してて、「誰だって緊張する」とか「いつも通りにやればいい」とか言われても、なんか違うよなーと思う。そんな言葉より何よりこはねの"いつも通りの笑顔"を引き出したのが、観客たちの応援だった。これがすごく素敵!

 チアは誰かのことを応援するものだけど、今回はこはねたちが応援される側でもあると。スポーツの試合に駆けつけたりするときは、観客は試合を見に来てるけど、今回はこはねたち自身が観客に見られることになる。そのおかげか、こはねたちはいつも通りの演技をしたつもりでも、自分にはいつもと違うとても特別なものが見れたような気がした。良かった。


mono / あfろ

 引き続き『ゆるキャン△』聖地巡礼回。ゆるキャン△にも負けない見開き絶景!! 良いけど、そろそろ巡礼飽きてきたぞ(ぶっちゃけ)。『mono』の世界がだんだん恋しくなってきた。まさか聖地巡礼だけで何か月も続くとは思わなかったもの。

 無粋だけどこの聖地巡礼シリーズにどんな効果があったのか、ちょっと考えてみる。ゆるキャン△を読んでいてmonoを読んでない人がいたら、キャラットを読むきっかけになったかもしれない。逆にこの聖地巡礼回を見て、ゆるキャン△を見たくなったmono読者がいるかもしれない。どうだろう、自分はどっちでもないので分からないけども…。いつか『mono』がアニメ化して『ゆるキャン△』で逆聖地巡礼とかやらないかな。


ネコじまにゃんだフル / 御北きぬ

 7人目の生徒候補、ルシャちゃん登場! 図書館に住んでいるようで、勉強なら自分がみんなに教えるし、先生に教わることも何もないと一蹴。外からやってきた人間である寧々子のことを、みんな何かしら警戒してるけど、この子もすごいなぁ。図書館に設置されているカメラの映像を見られるようにしたりとか、そんなところからもクロやロンとは違って、かしこい子だということが分かる。

 でもそう、寧々子の言う通り、本から得た知識だけでは分からないこともある。「ルシャはクロに甘い」っていうのも、実例を見せてくれたらもっとよく分かるよね!(見せて) たい焼きを食べて、少しは気を変えられたか、嫌がらずに学校来てくれたら嬉しいな。それにルシャがいたら授業も少しやりやすく…なったりしないかな?

 気になるのは、名前も出てきた最後の1人、チワちゃん。人間はおろか、シロたちのことも怖がってて、ずっと神社に引きこもっていると……。名前が気になる。すごくチワワから取ってつけたっぽい名前なんだけど、まさかね。でもチワが猫じゃなく犬なんだとしたら、それが引きこもっている理由に関係してくるのかも? 気になるなぁ。


先パイがお呼びです! / むっしゅ

 「私だけが知ってる先輩なのかな」とか、「笛を吹かなくても来てくれるんだね」とか、ちょくちょく思わせぶりというか、この2人の関係はどうなるのか!? みたいに思わされる描写があって良い。ちょっとドキッとする! とくに「笛を吹かなくても」のくだりは、何かが1歩前進したような。特別な関係かぁ…。

carat1805_03carat1805_04
まんがタイムきららキャラット2018年5月号
むっしゅ『先パイがお呼びです!』より

 それはそうと、塩ちゃんが作ったケーキをきなこ先輩と2人で食べた件、塩ちゃんに話しちゃったのー!? 一番話してはいけない相手に……ご愁傷様である。追いかけてくる塩ちゃんの目が怖かった。




にほんブログ村 漫画ブログ 漫画感想へ
にほんブログ村