OP・EDを除くアニメ・ゲームなどのキャラソンから10曲選んでみた。アウトライターズ・スタジオ・インタビューでもお世話になったぎけんさんの企画への参加記事。企画の詳細やほかの方の記事はぎけんさんのブログまで。

 アニメのOP/EDに比べると、キャラソンの感想ってあまり見ない気がする。自分もあまり感想書いたりしないので、この機会に語れて良かった。ほかの方のキャラソン選も気になる! 自分の企画じゃないけど、たくさんの人が参加してくれたら嬉しいな。

TREAT OR TREAT?

歌:4U
作詞:カナボシ☆ツクモ
作曲:Hiroyuki Maezawa

 『Tokyo 7th シスターズ』に登場するユニット、4U【佐伯ヒナ(長縄まりあ)、鰐淵エモコ(吉岡茉祐)、九条ウメ(山下まみ)】の3rd Single。ゲーマーズの店頭でプロモーション映像(たぶん↑に貼ったのと同じやつ)を見て知って、これがきっかけで『Tokyo 7th シスターズ』のゲームも一時期かなりハマってた。ゲームはもうあんまりやってないけど、曲だけは今もときどき聴いてる。

 歌詞がちょっと過激!こういう歌を女の子が歌うのってすごくカッコいいと思う。ドラムやギターの音もカッコいい。でもウメちゃん(CV山下まみさん)の声はどちらかというと可愛い系で、挑発的な歌詞を歌っていてもところどころに可愛さが出ているのが好き。サビのメロディとかもすごい癖になる。カッコよくてカワイイ。


Never Ending Fantasy

歌:ディアンサ(水瀬いのり)、リナリア(田中美海)、ハリエ(小倉唯)、ジオラ(高橋未奈美)、カンナ(内山夕実)
作詞:丹下桜
作曲:植松伸夫・Johnny.K

 『グランブルーファンタジー』のイベント「舞い歌う五花」に登場するディアンサたちが歌っている曲。この子たちは何というか、簡単に言うとアイドルみたいなもん。

 ディアンサ(水着バージョン)が奥義使ったときにこの曲のBGMが流れるので、最初は曲だけ良く聴いてた。曲だけでもだいぶ好き! さらにその後ちゃんと歌詞つきで聴いてから一層好きになった。俗っぽく言うと「応援ソング」みたいな感じだけど、この子たちにとっては「祈り」とか「願い」のほうが似合うかな。すごく元気のもらえる曲。5人の声のハーモニーも素敵。


Romantic Now

歌:赤城みりあ(黒沢ともよ)
作詞:BNSI(MC TC)
作曲・編曲:BNSI(Taku Inoue)

 『アイドルマスターシンデレラガールズ』のみりあちゃんのキャラソン。自分はデレステで初めて知った。デレステで一番好きな曲で、たぶん一番プレイ回数も多いし、ライブパレードとかイベントでフルコンが要求されたときはだいたいこの曲で済ませてる。

 歌詞がすごく良い!ロマンティックな恋の予感。でもみりあちゃんにはまだ早くて、結局のところ、「憧れ」や「夢」に近い気持ちのままで終わってしまう。「君の瞳」が「チョコレート色」だと言って、その後で「チョコレート足りないね」って言うあたりすごくドキドキするけど、それでも最後は「マイフレンズ」のことは大好きで、「パパママ愛してる」と結ぶ。ロマンティックなことへの憧れている「今」のみりあちゃんを描く歌詞がとても素敵で好き。


わちゃ・もちゃ・ぺったん行進曲

歌:ハロー、ハッピーワールド!
作詞:織田あすか(Elements Garden)
作曲・編曲:末益涼太(Elements Garden)

 『バンドリ!ガールズバンドパーティ!』(ガルパ)に登場するバンド、ハロー、ハッピーワールド!【弦巻こころ(伊藤美来)、ミッシェル(黒沢ともよ)、松原花音(豊田萌絵)、北沢はぐみ(吉田有里)、瀬田薫(田所あずさ)】の楽曲。ガルパの中でもかなりのお気に入り。

 歌詞とか、メロディーとか、伊藤美来さんの表現力とか、好きなところはいろいろあるんだけど突き詰めると良い意味でハロハピらしくないところが好きなんだろうなぁと思う。最初にハマったハロハピの曲が「ゴーカ!ごーかい!?ファントムシーフ」だったから余計そう感じるのかもしれない。切ないところもあったり、可愛らしいところもあったり、不思議な魅力が詰まってる曲。


ネジクルパーティクル

歌:螺子川来夢(豊崎愛生)
作詞・作曲・編曲:sasakure.UK

 『ガールフレンド(仮)』のキャラクターソングシリーズから螺子川来夢のキャラソン。自分がこの曲を知ったのは「豊崎愛生のおかえりらじお」で流れたからで、螺子川来夢がどういう子なのか全く知らないんだけど…それでも推したい!

 結構中毒性のある曲だと思う。はやいテンポでクルクル回り転がっていくような音楽と歌詞がぴったり合ってて、すごく気持ち良い。サビの最後の「空想ねじま奇譚」のところで、ぐーっとため込んだテンションが爆発したかのように、声が上がるのが好き。作品やキャラを知らなくても、愛生ちゃんの声が好きならきっとハマる。


U & I

歌:放課後ティータイム【平沢唯(豊崎愛生)、秋山澪(日笠陽子)、田井中律(佐藤聡美)、琴吹紬(寿美菜子)、中野梓(竹達彩奈)】
作詞:平沢唯
作・編曲:bice

 『けいおん!!』第17話「部室がない!」で、唯が憂のことを想って作った曲。作品本編のエピソードと関連づいているっていうこともあって、想い入れも深いし大好き。

 けいおん!関連の曲って「ごはんはおかず」とか「カレーのちライス」とか変わった曲も多いけど、「U & I」は歌詞がめちゃくちゃ直球で胸に響いてくる。誰かのための歌っていうだけで、強い気持ちが込められているし、唯(愛生ちゃん)のあたたかい歌い方も素敵。ほぼ同じ理由で「天使にふれたよ!」も好きなんだけど、なんでかよく聴くのはこっち。


よしなしOKI☆DOKI

歌:さくひま*ひまさく【大室櫻子(加藤英美里)&古谷向日葵(三森すずこ)】
作詞:イイジマケン、sae
作曲:イイジマケン
編曲:イイジマケン、ピエール、村山シベリウス達彦

 『ゆるゆり』から、櫻子と向日葵のユニット曲。今回のキャラソン選のためにいろいろ聴くまで久しく忘れてた!!(不覚) 久しぶりすぎて「恋のダブルパンチ」と間違えるていたらく…。最近あまり積極的にキャラソンに手を出してないけど、『ゆるゆり』はよく聴いたほうで、この歌を初めて聴いたときは「なんと素晴らしい百合ソングが誕生してしまったな!!」と衝撃を受けたのを覚えてる。

 だいたい『ゆるゆり』の中で櫻子と向日葵の関係が結構好き。その関係をよく表した歌詞がとても素敵だし、この恥ずかしい歌詞(誉め言葉)を二人で歌っているのかと思うとなんだか不思議な感じ。「ひまさくば~じょん」と「さくひまば~じょん」があって、一部二人のパートが入れ替わる。自分はどちらかというとひまさくば~じょんのほうがお気に入り。櫻子のツンデレ台詞の破壊力…!


ムーンライト探偵S&N

歌:シャーロック・シェリンフォード(三森すずこ)&譲崎ネロ(徳井青空)
作詞:こだまさおり
作曲:鈴木裕明

 『探偵オペラ ミルキィホームズ』より、シャロとネロのキャラソン。本編だとシャロとネロのほうがポンコツだけど、この歌の中だとよく出来る探偵で、警察のほうが無能みたいになってる。「ムーンライト探偵」っていうテーマ、ストーリーを感じさせる歌詞が面白い。

 一番のお気に入りはピアノの音が心地良いところ。個人的好きなピアノソングベスト5に入るかもしれない。軽快でオシャレな曲と歌詞が良くマッチしてて、いつもとちょっと違う二人のムーンライト探偵を素敵に演出してる。めちゃめちゃ良い曲なので騙されたと思って聴いてみてほしい…!


1st Love(はつ恋)宣言

歌:吟遊院芹香(悠木碧)
作詞:藤林聖子
作曲:黒川陽介
編曲:成瀬裕介

 『彼女がフラグをおられたら』より、吟遊院芹香のキャラソン。作中でも使われたはずだけど、残念ながら漠然としか覚えてない。OP主題歌「クピドゥレビュー」のカップリングに入ってて、一緒に聴いてるうちに、むしろこっちのほうが可愛いな!と思ってハマった曲。

 とにかく可愛い。「あざとい」と言ったほうが的確かもしれない。サビの終わりのほうの「お願い」の言い方がめっちゃくちゃ可愛くて、そんな風にお願いされたら何でも言うこと聞いちゃう!歌詞は芹香が「キミ」に恋(初恋)をしていること、その気持ちを歌っているけど、どちらかというと聴いた自分のほうが芹香に恋をしちゃいそうな、歌い手である芹香の魅力が詰まった曲でもあると思う。


しあわせグラフィティ

歌:リョウときりん(佐藤利奈と大亀あすか)
作詞:新小田明奈
作曲:熊谷蘭
編曲:熊谷蘭・Y-SAIKI

 『幸腹グラフィティ』より、リョウときりんのキャラソン。次回予告のバックで「たべるーつくるー」の部分が使われてた。このフレーズもすごく印象的で面白いんだけど、それ以外の部分もすごい。初めて聴いたときはかなり衝撃を受けた。

 どこか懐かしさを感じるような、ノスタルジックな旋律と二人のハーモニーが素晴らしい! 歌詞はキャラソンっぽいけど、全体の雰囲気がキャラソンっぽくないというか。キャラソンの域に留まらせておくのがもったいないなぁと思う。印象的な「たべるーつくるー」のフレーズもバリエーションがあって好き。きりんの「たべて♪」が可愛い。