年末恒例のTVアニメED10選! 毎年どちらかというとEDのほうが好きな曲が多くて選出に悩んでるけど、今年はそうでもなかった。とはいえ、あんまり本数見てないので、OPと同じくこちらも5選で我慢。

ひとりぼっちの〇〇生活

ね、いっしょにかえろ。
歌:一里ぼっち(CV: 森下千咲)

 画面を上下に分けて、上に流れてくる漫画のコマから、キャラが下へ飛び出してくる。その演出が面白かった! 作中でぼっちが友達を増やすごとに、飛び出てくるキャラも増えていく。話数を重ねるごとにぼっちが成長していく様子が、本編からだけじゃなくこのEDの映像からも伝わってくる。こういう作品本編とリンクしたOP/ED大好き。


私に天使が舞い降りた!

ハッピー・ハッピー・フレンズ
歌:わたてん☆5

 めっちゃ楽しいEDアニメーション! これを初めて見たときの感動まだ覚えてる…、絶対10選に入れようと思ったて。ステージの上で踊るひなたたち、わたてん☆5、大人たちも仕掛けを動かすのに協力してたり、細かく作られてて面白い! 音楽も大好きで何度も聴いたけど、見ててとても楽しい映像のインパクトが強い。

 あまりにも何度も見まくったせいで、各キャラの絵のパターンが一定数しかなくて、理想に比べるとちょっと物足りない部分も感じるくらいには見まくった。自分はこの作品でひなたが大好きだったから最初はほぼひなたしか見てなくて、ツイッターでフォローしているわたてんオタクのツイートを見て気づかされた部分もいっぱいある。放送中何度も見るものだから、見る度に楽しめる映像っていうのはそれだけで最高だ。


ブギーポップは笑わない

Whiteout
歌:安月名莉子

 何か言いようのない不安を感じる曲。しかしそれが良い。音楽か、歌声か、絵か…。何か分からないけど、何かが自分を引き付ける。この作品のEDにぴったりの怪しい感じもありつつ、危ないものにちょっと触れてみたくなるような、思わず好奇心をそそられるような魅力がある。

 ブギーポップはお話が面白くて、いつも続きが気になった。EDを見るときは、次回も絶対見ようと思える期待と、でも話をちゃんと理解できてない不安とが混ざりあう不思議な感覚。そんな私の作品への期待やら何やらいろいろな気持ちを、このEDは膨らませてくれた。毎週見る&聴くのがとても楽しみだった。


荒ぶる季節の乙女どもよ。

ユメシンデレラ
歌:麻倉もも

 もちょの歌いいなぁ! 作中でももちょが演じている須藤百々子(ももちゃん)のことが気になっていたり、役者とキャラの名前が似てるなぁなどと思っていたりした。

 Aメロの「神様」「なぁに」って語りあうようなパートが好き。映像に傘が出てくるけど、相合傘に男女が隠れてる絵があって、それを見て、本編のキャラクターたちの恋模様はどうなるんだろうとか考えてた。あんまり深読みするようなものでもなかったけどね。サビの傘が並んでるところも、色合い、デザイン的に綺麗で可愛い。面白い。


まちカドまぞく

よいまちカンターレ
歌:コーロまちカド(シャミ子・桃・リリス・ミカン)
CV:小原好美・鬼頭明里・高橋未奈美・高柳知葉

 なんと言っても絵が魅力的! 本編のキャラとかけ離れた画風にも拘わらず、めっちゃ可愛くて、一目見て好きになった。山川吉樹さんが絵コンテ・演出・原画を一人でしてる。となったらもうこの人を褒める以外ないだろう。キルミーベイベーの監督さんなのね。

 あとは曲が良い。イントロも楽しいし、サビですごく気持ちが上がる! 原作の伊藤いづも先生が書いた歌詞も面白いね。結局のところ絵以外にも好きな部分が多い。あとは打算ながら、きららオタクとしてOP/ED/話数選のどこかにきらら作品を入れておきたかったという想いもあったりなかったり。