今年も新米小僧の見習日記さんで集計されている話数単位アニメ10選に参加。今回は5選!

 どうしても10個選んでコメント付けるのが難しいので、今回は5選で! アニメを見た本数的には10選でも行けそうだったけど、個人的には選出理由もしっかり書きたくて、それも含めると10選は難しいかなぁという判断に。5選でも集計してもらえるんだろうか…。

 みんな10選で書いてるわけだし、自分もできれば10選で参加したかった。来年はちゃんと書きたい。

ひとりぼっちの〇〇生活 第10話「はじめて言われたこと」

 ソトカが弟子を辞めてぼっちと友達になろうと奮闘する回。4話ではぼっちがソトカと友達になろうと奮闘して、折り紙で作った手裏剣に気持ちを書いて投げつけた。10話では逆に、ソトカが手裏剣にメッセージを書いてぼっちに投げつける。手裏剣が二人の関係を進展させるキーアイテム的に機能しているところが好き!

 それから作画がとても綺麗だった。アニメを見始める前はアルちゃんが好きだったけど、アニメを見ているうちにソトカがすごく好きになり、その気持ちがMAXに達したのもこの辺り。ソトカだけ特別綺麗に描かれているような気さえしてくる(気のせい)。


えんどろ~! 第3話「クエスト実習~!」

 この作品らしい魅力がたくさん詰まった一番大好きな回。クエスト実習…のはずがユーシャたちが受けるクエストはなぜか猫探しばかり。それで猫探しが上手くなったユーシャたちが、猫がいなくなって困っている女の子のために、本物の冒険へと繰り出すところが好き。

 この作品全体を通してユーシャは名前が勇者ってだけじゃなく「勇者」としての運命力みたいな何かを持っていて、用意された実習ではない、勇者がすべき人助けと冒険を引き当てる。女の子のために頑張っていたら、本来やるはずだったクエストを忘れるというオチが付くところも好き。寮での自由すぎる会話も面白かった!


Re:ステージ!ドリームデイズ♪ 第7話「先輩とはいえ少し黙らせるべきか」

 プリズムステージ東京予選、KiRaReの初ステージにめちゃくちゃ感動した回。出番を前にして舞菜がみんなの前からいなくなる…という危機もあったけど、なんとか乗り越えての本番! 個人的には「みんなで作った曲」というところが特に好きで、音楽も、歌詞も、振付けも、すべて揃った完成品を初めて見られたのがこの回だった。キラメキFuture。めっちゃ良いやん! ってこのときの感動は大きかった。

 それでも正直この作品から一話選ぶのはかなり悩む。7話を選んだ理由は、6話までツイッターで感想を書いてたけど、7話は上手く文章化できなくてブログに感想を書いたという経緯から。よっぽど面白くなければ、ツイッターで手短に書いたかもしれないし、ブログに書こうとまで思わなかったかもしれない。でも、なんとかして文章化したかった。

・Re:ステージ!ドリームデイズ♪ 第7話「先輩とはいえ少し黙らせるべきか」感想


私に天使が舞い降りた! 第1話「もにょっとした気持ち」

 ひなたの「おはよう」が好き。という理由だけで選んでみた。冒頭のシーン、みゃー姉を起こしに来たひなたが「みゃー姉起きたか?」って聞いて、みゃー姉の絞り出すような「おはよう…」の返事に対してひなたが返した「おはよう」の言い方が好き。 #細かすぎて伝わらない

 みゃー姉のほうがお姉ちゃんで、ひなたのほうが妹というのが普通の見方。でもこのときのひなたの「おはよう」はなんか違って、ひなたのほうがお姉ちゃんみたいに思える。ちょっとしたギャップ…みたいな感じ。


みにとじ 第3話「よざくら」

 紫様と親衛隊のみんなで夜桜お花見! 今年の桜は今年しか見られない。そんなことを結芽が考えて、来年も見たいなって呟いてるのが切ない…。刀使ノ巫女本編での結芽の生き方が好きで、すごく魅かれたから、『みにとじ』にもちゃんと出てきてくれて嬉しかったし、切なくも楽しいお話だった! 改めて声聴いてると結芽役の水瀬いのりさんはすごいハマり役だわ。

 同じく結芽が出てくるという理由で第6話「おむすび」も良いし、可奈美たちが出てくるお話では第7話「ほらいずんどうめい」が好きでここら辺で悩んだ…!