年末年始恒例、おちゃつさんのアニメアウォーズ!企画に参加。昨年は、というかここ数年あまりアニメを満足に見られてないけど、この企画に参加できるのは毎年とても楽しみ。

 いつも通り、最優秀作品賞・特別賞・男性キャラ部門・女性キャラ部門・OP部門・ED部門に加えて、個人的にどうしても選びたい男性声優部門・女性声優部門、合計8つの部門で2019年のアニメを振り返る。これを書かないと新年のアニメ見られない!


最優秀作品賞:えんどろ~!

 2019年に見た新作アニメで、一番「全話通して面白い!」と思った作品。そして2019年で一番好きな作品。その割にはツイッターやブログであんまり語れなかったなぁと、ちょっと後悔してるけど…。キャラが可愛くて、世界観も可愛くて、お話がしっかりしていて、毎話感想を書くのが楽しかった。

 肌に合っているというか、自分の好みにすごく近い作品で、そういう部類の作品の中でもさらにクオリティが高くて好きになったという印象。この頃毎年アニメを見るモチベーションが不安定で、去年も冬以外はほとんど見てなかったんだけど、唯一たくさんアニメを見た冬クールにこの作品と出会えて本当に良かったと思う。


特別賞:ブギーポップは笑わない

 「ブギーポップは笑わない」「VSイマジネーター」「夜明けのブギーポップ」「オーバードライブ歪曲王」の4編があり、最終的な評価はさておき、毎週見るのがとても楽しかった。続きを楽しみにさせてくれる。お話を見て、考えさせてくれる。分かんないからもう1回見よう、と思わせてくれる。良い作品だった。ブギーポップ役悠木碧さんをはじめとして、声優さんの演技でも楽しませてくれた。

 特別賞というか、単純に「えんどろ~!」と「ブギーポップは笑わない」が2019年自分にとって面白かったアニメトップ2なのでこういう選出に。


男性キャラ部門:典元泉(荒ぶる季節の乙女どもよ。)

 荒乙から、和紗の幼馴染みの泉。性に振り回される女子たちを描くこの作品の中で、泉も見てて面白いキャラだった。自分はあまり男性キャラに目を向けたり好きになることが少なくて、感想を書くときでも取り上げる優先順位が低いんだけど…、泉はちょっと違ったな。この作品の主役たる女性キャラたちに匹敵する魅力があった。


女性キャラ部門:星野ひなた(私に天使が舞い降りた!)

 わたてんから、みゃー姉のことが大好きなひなた。何かにつけて「みゃー姉」という言葉を発するとにかくみゃー姉が大好きなところが可愛い。1話からずっと魅かれてた。長江里加さんの声もすごく好き。みゃー姉にとっては、ひなたが連れて来た花ちゃんが天使だったけど、自分にとってはひなたこそが天使だった…。ただキャラソンを聴いてから乃愛ちゃんのこともかなり好きになり、正直どっちも選べない感が。


OP部門:えんどろ~る!(えんどろ~!)

 2019年TVアニメOP5選にも選んだ大好きな曲。放送中は、映像的に好きな部分を何度も見返したり、曲もよくリピートしてたけど、中毒的にハマってはいない。でもたまに聴くと、良いなぁって思う。よく出来てるんだよな~歌詞が~!


ED部門:ハッピー・ハッピー・フレンズ(私に天使が舞い降りた!)

 もっぱら映像的に楽しんでた。2019年TVアニメED5選にも選出。楽しい気分のときや、楽しい気分になりたいときに聴いてテンションを上げる!


男性声優部門:細谷佳正

 『ブギーポップは笑わない』の飛鳥井先生が好きだった。飛鳥井先生というキャラクター自体の良さもあるし、演じたのが細谷さんで良かったなぁと思ってる。『さらざんまい』でも声を聴いて、やっぱり細谷さんの声と演技好きだなぁと思った。今年もどこかで聴けるといいな。


女性声優部門:鬼頭明里

 2019年は冬以外アニメをあまり見なかったにも関わらず、一年中鬼頭明里さんの声をアニメで聴いたという奇跡。冬の『私に天使が舞い降りた!』、春の『ひとりぼっちの〇〇生活』、夏の『Re:ステージ!ドリームデイズ♪』『まちカドまぞく』どれも良かった~。わたてんのキャラソン「アタシ♡カワイイ♡宣言!!!」にめっちゃハマって、これも一年中聴きまくってた。ラジオ番組「鬼頭明里のsmiley pop」も聴いた!(最近聴いてないので過去形) とにかく2019年自分の趣味の範囲で鬼頭明里さんの存在感は大きかった。