くろくろDictionary

まんがタイムきらら/4コマ/漫画/アニメ/艦これ/グラブル/音楽/ミステリ

カテゴリ: アニメ感想(作品別)

 2話~6話の感想はツイッターのモーメントに。8話から12話までの感想はこの記事に。1話と7話はパス。ちょっと長くて読みにくいかも!!


続きを読む

 良かった、舞菜と紗由ちゃんがまだまだ一緒にいられることになって。プリズムステージ優勝できなかったら廃部って言ってたから、予選敗退したら二人はどうなっちゃうの!? と思ってたけど、特別推薦枠を勝ち取ったおかげで夢がつながった! まだ廃部しなくて良い!

 予選のあと、みんなが「楽しかった」って言ってたのと、「悔しい」って言ってたのが印象的だった。プリズムステージ優勝を目指して頑張る過程で、それぞれ大切なものを見つけて、仲間とここに来るまでに楽しい事がたくさんあった。でも最終目標は優勝だから、ただ楽しいだけで頑張ってきたわけじゃないからすごく悔しい。その気持ちは両方とも大事にしてほしい。


続きを読む

 KiRaReがステラマリスに勝てる可能性は0%。八王子電気通信大学のスーパーコンピューターで計算した結果である。今回はそこをスタートにして、KiRaReが勝てる可能性を模索する話だった。


 紗由ちゃんがふと口にしたポエムから、歌詞を変えるという可能性へとつながっていくところ。舞菜ちゃん褒めすぎだって! めっちゃ褒めるやん! 褒められて照れたり調子に乗ったりする紗由ちゃんがめちゃくちゃ可愛かった! 歌詞は変えてもいいのね。曲は「キラメキFuture」のままでちょっとアレンジして、新たにみんなの今の気持ちを歌詞にして、対ステラマリス用最終兵器を作る。

 新しい曲を高尾校のみんなの前で歌うシーン。お客さんがいっぱいいるのを見ると、KiRaReもここまで成長したんだなってすごく嬉しくなった。少し戻るとステラマリスが本校の生徒を前に歌ってるシーンがあって、両者を比べるとKiRaReは規模で劣っているけど、ここまでの話を見てきた視聴者にはKiRaReの成長が見える。ステラマリスがどんな風に今の形を作ってきたのか…それが分からないから純粋な比較にはならないけど、今のKiRaReなら勝てるのでは!?ってその可能性をちょっと信じたくなるような、良い対比なんよな。


 プリズムステージで誰が優勝するのかなんて本当はどうでも良い。KiRaReが素敵なステージを見せてくれたらそれで良い。自分の応援するアイドルが輝いていたら、結果がどうあれ「最高だった」で終われると思う。

 とはいえ作品としては、プリズムステージで優勝しなければ廃部、ということになっていて、ステラマリスに勝てるかどうかは死活問題。KiRaReが優勝しなくてもきっと「最高だった」と言えるかもしれないけれど、ここまで頑張ってきたんだから最高の結果を見たいし、もしそうじゃなかったら6人の関係はどうなっちゃうのっていうのは気になるところ。

 なんといっても、次で最終回っていうのがすごく寂しい。

 KiRaReに足りていなかったのは、敵を知ること! というわけで稀星学園の本校に潜入することに。今回大事な出来事は、舞菜がお姉ちゃんに自分の夢を伝えたことかな。みんなと一緒にこの先の景色が見たい。再びアイドルを目指す気持ちになっても、もう本校には戻らないと。

 7話で紗由ちゃんが碧音に宣戦布告してたけど、今回で舞菜も宣戦布告したような形になった。みんな揃って偵察に来たこともそう。KiRaReとステラマリスは同じ舞台で戦うライバル同士であり、「私たちは本気で優勝を目指している」という態度の表明にほかならない。それが碧音にもちゃんと伝わった。そこにきっと大きな意味があるような気がするんだ…


 まあそれはそれとして、本校のあちこちで繰り広げられる騒ぎが面白かった…! すごく第5話と似た空気を感じる。作品の本筋的に無視できないテーマもありつつ、何も考えずに見ても笑えるような楽しさもある! こういうところが『リステDD』の好きなとこやねんな!! めっちゃ面白かった。特に途中バトルアニメみたいになってるところが最高だった。かえちゃんがプリンセスって呼ばれてるから、かえちゃんを守る香澄ちゃんが王子様みたいに見えてカッコいい。

 舞菜は良い子だな。紗由ちゃんが突然家にやってきて、今晩泊めてほしいと言う。紗由ちゃんはその日の昼間あまり元気がなくて、舞菜もそのことが気にかかっていた。舞菜には紗由ちゃんの詳しい事情は分からないけど、分からなくても紗由ちゃんの力になりたいという想いが、舞菜の行動から伝わってくる。

 そして、その想いを汲んで「向こうの親御さんには私から連絡しておくわ」と言ってくれたおばさんも、優しくてとても頼りになる素敵な人。


続きを読む

 サブタイトルの「ノーギャラなんかでやってられない」って珊瑚ちゃんのセリフだと思ったら、まさかの舞菜のセリフだったw 舞菜がそんなこと言うわけないでしょ! 一体どこからそんな噂が出てきたのか。誰かが変な噂を流したのか? あるいは人から人へ伝わっていくうちに内容が変わってしまったのか…? 何にせよ情報がポンコツな珊瑚ちゃん可愛い。

 珊瑚ちゃんが舞菜やKiRaReを敵視するのは、碧音に憧れる気持ちの裏返し。舞菜の悪口を言うのは許せないけど、珊瑚ちゃんの気持ちも分かる! 碧音のことがとにかく好きなんよな! 碧音が瑠夏とKiRaReや舞菜の話をしているとき、珊瑚ちゃんがめっちゃ寂しそうな顔してるのがグサッと刺さる。寂しいのはつらいよな。KiRaReに突撃するのは、その寂しさを紛らわすようなものでもあるのかなぁと考えると珊瑚ちゃんが可愛くてつらい。

 舞菜の悪口を言われて黙ってられない紗由ちゃんはカッコよかった! カッコよかったけど、珊瑚ちゃんの前に出たときポーズは何なのw こういうところが紗由ちゃんは面白い。第5話で舞菜に自作ポエムを朗読されたときの反応を思い出す。ときどきお笑い担当みたいな、妙なポジションを持ってるんよな…。そんな紗由ちゃんも好き。


続きを読む

 いよいよ始まった「プリズムステージ」東京地区予選。舞菜は過去のトラウマから逃げ出してしまい、見つからなければ、残りの部員だけで出るか…!? というような状況に。でも紗由ちゃんの言う通り、ここまで来たんだから諦めたくない。絶対に6人で出たい。


続きを読む

 2010年のアニメ『迷い猫オーバーラン!』を見てぼちぼち感想ツイートしてたのでまとめとく。まだ最後までは見終わってないので、見たら感想を追加するかも…?


続きを読む

 先日GYAO!の一挙配信でアニメ『刀使ノ巫女』全24話を見た。その視聴中あるいは視聴後に書いた一連のツイートを、ブログにもまとめておく。いつか見返したとき、「私は初見のときこう思ったんだ」ということを振り返れたらいいなと。視聴後に感想記事等を読んで思ったことも、アニメ体験の一部ということで入れておいた。

 今回は目次はなし。ツイートは見やすいように少し順番を変えたけど、おおむね投稿した順に。


続きを読む

 『せいぜいがんばれ!魔法少女くるみ』見た! 魔法少女だって、わ~可愛い!とは全然思えないような、多少ひっかかるタイトル。そして中身はボケとツッコミによって成り立つアニメというか、コントというか、ストーリーもへったくれもない感じではあったけど、なかなか面白かった…!


続きを読む

このページのトップヘ